2013年8月に初版を刊行した
「世界のエリートはなぜ、『この基本』を大事にするのか?」(朝日新聞出版社) が、
この夏、同社より、文庫化されます。

初版から7年が経過し、その間、実践編・コミック編、
海外では、中国・韓国・香港・台湾にて翻訳出版され、
シリーズ累計で40万部となりました。

これまで、多くの方々に、本書を手に取っていただき、
著者として、大変光栄に感じております。

前職の元上司、先輩方、留学先の恩師から学ばせて頂いた仕事のポイント、
元同僚やクラスメートから刺激を受け、整理させてもらった事項を、
1冊の本にまとめた同書が、ベストセラーとなったのは、
何より、お世話になった方々のおかげです。

また、これまで根気よく、私の背中を押してくれる
同社ビジネス書編集長の佐藤聖一さんには、
改めて感謝申し上げます。

文庫化にあたり、
この7年の変化を振り返りつつ、
コロナ後の世界を見据えながら、
原稿を改めて見直し、一部を刷新します。
Bunko

一方で、今、読み返してみる中、
このような変化の時代だからこそ、
「基本」に立ち返る視点が大切であることを、
改めて痛感します。

この機会に、
さらに、多くの方々に、本書を手に取って頂き、
アフターコロナの時代に、役立てて頂ければ幸いです。